Q&A/用語集
HOME > Q&A/用語集 > Q&A

用語集

        
        わをん

 

 

このページの先頭へ戻る

価額協定保険(価額協定特約)とは

【かがくきょうていほけん(かがくきょうていとくやく) 】

再調達価額(新価)基準で保険金額(ご契約金額)を設定し、保険金額を限度に再調達価額(新価)基準で損害額を実損払いする内容の特約です。

過失割合とは

【かしつわりあい】

交通事故発生の原因における責任の割合をいいます。

記名被保険者(自動車保険)とは

【きめいひほけんしゃ(じどうしゃほけん)】

ご契約の自動車(契約自動車)を主に使用される方で、保険証券などの記名被保険者欄に記載されている方をいいます。

協定保険価額とは

【きょうていほけんかがく】

ご契約者または車両保険の被保険者(=ご契約の自動車(契約自動車)の所有者)と当社が協定したご契約の自動車の価額をいいます。保険契約締結時におけるご契約の自動車の市場販売価格相当額により定めます。

求償とは

【きゅうしょう】

第三者の加害行為による事故で保険会社が保険金を支払った場合に、被保険者の第三者に対する損害賠償請求権を保険会社が代位取得し、被保険者に代わって第三者に請求し、賠償金を受け取ることをいいます。

クーリングオフとは

【くーりんぐおふ】

保険契約の取り消し請求権のことです。損害保険の場合には、保険期間が1年を超える長期契約について、契約の申込日からその日を含め8日以内であれば契約の取り消しができます。ただし、保険契約の申込み方法等によっては、クーリング・オフの対象外となっているものもあります。

告知事項とは

【こくちじこう】

危険*1に関する重要な事項のうち、保険契約の締結の際、保険契約申込書等の記載事項とすることによって、引受保険会社が告知を求めたもの*2をいいます。
*1危険とは、損害の発生の可能性をいいます。
*2他の保険契約等に関する事実を含みます。

このページの先頭へ戻る

再調達価額・時価(額)とは

【さいちょうたつかがく・じか(がく)】

再調達価額とは、保険契約の対象である物と同等の物を新たに建築あるいは購入するために必要な金額をいいます。これに対し時価(額)とは、再調達価額から使用による消耗分を控除して算出した金額をいいます。

自動車の範囲とは

【じどうしゃのはんい】

自動車保険における自動車とは、道路運送車両法第2条第2項にいう「自動車」および同条第3項にいう「原動機付自転車」をいいます。

新価特約とは

【しんかとくやく】

損害保険の保険金額は、通常は保険の目的の時価によって設定しますが、本特約では再調達価額によって保険金額を設定し、損害額も再調達価額によって定めます。

このページの先頭へ戻る

通知事項とは

【つうちじこう】

危険*に関する重要な事項のうち、保険契約申込書等の記載事項とすることによって、保険期間中に変更が生じた場合に引受保険会社が通知を求めたものをいいます。
*危険とは、損害の発生の可能性をいいます。

等級すえおき事故とは

【とうきゅうすえおきじこ】

保険会社の自動車保険ノンフリート等級別料率制度では、保険事故があった場合に翌年度のご契約の等級が3等級ダウンしますが、火災・盗難などによる車両単独事故など、ご契約者の過失によらないような事故は、等級が下がらず、すえおきとなる場合があります。このような事故を「等級すえおき事故」といいます。平成24年10月にノンフリート等級別料率制度が改定され、1等級ダウン事故として取扱われることになりました。

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

被保険者とは

【ひほけんしゃ】

保険の補償を受けられる方、または保険の対象となる方をいいます。保険契約者と同一の人であることもあり、別人であることもあります。

保険価額とは

【ほけんかがく】

保険をつけた物の評価(評価額)をいい、「時価」と同じ意味で使われるケースが多いです。

保険金とは

【ほけんきん】

被保険者が約款で定めた事故によって損害が生じた場合に、保険会社がお支払いするお金をいいます。

保険金額とは

【ほけんきんがく】

保険契約において設定する契約金額のことをいいます。保険事故が発生した場合に、保険会社が支払う保険金の限度額となります。その金額は、保険契約者と保険会社との契約によって定められます。

保険契約者とは

【ほけんけいやくしゃ】

保険会社に保険契約の申込みをする人をいいます。契約が成立すれば、保険料の支払義務を負うことになります。

このページの先頭へ戻る

免責事由とは

【めんせきじゆう】

保険金を支払わない保険契約上の事由のことをいいます。保険会社は保険事故が発生した場合には、保険契約に基づいて保険金支払いの義務を負いますが、特定の事柄が生じたとき、(例えば、戦争その他の変乱によって生じた事故、保険契約者等が自ら招いた事故、地震、噴火、津波等による事故などによる損害)は例外としてその義務を免れることが保険約款上規定されている場合があります。

このページの先頭へ戻る

約款とは

【やっかん】

保険契約者が保険会社と結ぶ保険契約の内容を定めたもので、保険契約者の保険料支払いや通知義務、また保険会社が保険金をお支払いする場合の条件やお支払い額などについて定めています。損害保険の保険約款には、同一種類の保険契約のすべてに共通な契約内容を定めた普通保険約款と、個々の契約において普通保険約款の規定内容を変更・補充する特約とがあります。

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

わをん

 

このページの先頭へ戻る
リンク集 勧誘方針 個人情報保護宣言 サイトマップ